宅地建物取引士について

宅地建物の取引が間違いなく行なわれるためには、宅地建物の法律等の知識が必要となりますが、そもそも宅地や建物といった、非常に金額の大きな買い物は、その取引において万が一紛争が生じた場合、一般消費者が被害を被る危険があります。
ゆえに、不動産を取り扱う業者については、宅地建物の取引の専門家を一定数置くことが義務づけられています。
宅地建物取引士とは、言ってみれば不動産取引を専門の職業としている人のことです。
ちなみに、宅地建物取引士(以降、宅建士)とは、宅地建物取引士資格試験に合格し、試験を実施した都道府県知事の資格登録を受け、かつ当該知事の発行する宅地建物取引士証の交付を受けた者のことを言い、たとえば宅建士は、宅地や建物の契約の際に行なう重要事項説明のさいには、相手から提示を求められなくても、前述の宅地建物取引士証を提示する義務があります。
もちろん、重要事項説明ができるのは宅建士だけであり、違反すれば法律により罰せられます。