不動産業界に就職する事について

不動産業界に就職を希望する場合、資格を持っていた方がとても有利です。
近年はどんな職業も資格を持っていた方が有利と言われる時代ですが、不動産業界も例外ではありません。
まず、代表的な資格が宅地建物取引士です。
この資格を取得すれば売買の仲介や契約が成立した際の書類の作成、重要事項の説明などを行う事が出来ます。
逆にいえば宅地建物取引士の資格がなければこの業務を行う事が出来ません。
しかし、この資格は難易度が高く合格率は16~17%前後です。
そのため、自分には無理なのではないかと諦める方が多くいますが、試験は70%の正解率で合格する事が出来るため各科目をまんべんなく勉強する事で合格に近づく事が出来ます。
また、専門学校や通信講座などを利用する事も出来ます。
更に、受験資格は年齢、性別、国籍の制限は一切ありません。
また、学歴の制限もありません。
そして、宅地建物取引士を取得すればスキルアップにも?がり転職する際にも非常に有利です。
このように、不動産業界に就職する場合には宅地建物取引士を取得する事をお勧めします。